スポンサーリンク

我が家のペット犬は孫のお友達で名前はロン君2世・番犬の役目もバッチシ!

我が家のペット犬は孫のR君の良いお友達で、名前はロン君2世です。

番犬の役目もバッチシで、変な人が来たら吼えて教えてくれます。
ワンワンとなくと誰か着たな!
来客も突然でなくなるのですごき気持ち的には楽です。
でも2世です。

先代のロン君もなんとも可愛かったです。

同じ柴系のの雑種です。

スポンサーリンク

我が家には番犬のワンちゃんがいます。

名前はロン君!

ron

実はこのロン君以前飼っていたワンちゃんも名前もロン君です。

先代のペット犬のロン君の思い出!

初代のロン君はこの家を建てた時にこの家にやってきました。
可愛かったですよ~~

そして私の3人の娘たちと一緒に成長してきたんです。
一緒に散歩して、一緒に遊んできたんですよね。

でも人間にも寿命があるようにワンちゃんにも寿命があるんだよね。
17歳でした。
結構長生きしたと思います。

気持ち的にはもっともっと長生きしてほしかったのですが、こればっかりは仕方がないです。

実はこの初代ロン君についてすんごく自分では残念なことがあるんでよ~~

2件先のお隣さん・と言ってもその二軒先までは600メートルほど(約ですよ)あるのですが、そこの長男夫婦は20キロほど離れた町場に家を買ってこの集落にはいないのですが、田んぼ仕事の時には手伝いにやってくるのです。

尤も親夫婦はもう80過ぎていますから、田んぼの機械仕事は無理です。

その手伝いに来る時に自分たちが飼ってるワンちゃんを連れてくるんですよ。
そのワンちゃんとうちのロン君がどうやら、恋に落ちたんだよね。

くるともう仲良しでちょっと離すとすぐにお互いが惹かれあうように、すっ飛んでいくんだったよね。

で、来たな~~と思うとこれはいけないことなんだけど、ちょっとの時間だけ故意にいつもは繋いで飼ってるんだけど離してあげるんです。

するとまっすぐ・・一目散・・

程なく子供のワンちゃんが生まれたらしいのです。
我が家のロン君は立派な男子なのですが、離れているのでこのことは全く知りませんでした。

スポンサーリンク

あるときこの集落の集会所で集まりがあったときのそこのおばあさんからおふくろが聞いてきたらしいのですが・・

「なんだってIさんちのロン君に歯並びやくちもとがそっくりでおらびっくりしたっちゃや~~」

うちのおふくろ・・

「なにのごどや??」

「おらいの長男の所のワンちゃんが子供を2匹なすたんだきとも、おまいのロンくんがおっとうだべ!そっくりだ!」

それ聞いておふくろびっくり!

とっさに思ったんだと思うが

「ほんでその2匹のうちひとつおらいさけろっちゃや!」

その二匹のうち1匹をうちにくれといったのだそうですよ。
おふくろ的には家族で飼ってやりたいと思ったらしいのですが・・

「なんぬIさんもうけだっちゃや・・」

もうどこかに里に出したということで極めてこれは残念でした。

その後も先代のロン君は可愛がっていたのですが、平成24年に亡くなってしまいました。
ロン君がいつも散歩していた近くの梅ノ木の下にお袋と二人で埋葬しましたよ!

お線香上げてね。

いい思い出をたっくさんありがとうって言ってね。
これは悲しかったなあ・

この時に家族で飼っていればこれもまた悲しいですよね。

その後、今のロン君が家にやってきました。
ワンちゃんはかわいいですよね。

 

ronn
この写真はロン君2世が家に来た時の写真です。
生まれて間もなかったです~~

すっかり家族の一員です。

今日は暑かったですね。
5月だというのにもう30度という気温で一体どうしたんでしょうか?

一番上の写真は我が家のロン君の今日の(5月22日)姿です。
さすがに暑そうで自分の家の日陰でのんびりしています。

ヘッダー画像はこれなんでしょうか?
何の木か実なのかさっぱり・・・この方面はサッパリなのでした・・

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る