スポンサーリンク

畦の草刈りの時期・草刈機の使い方は熟知してますが、最近しんどい!

田んぼの畦の草刈りの時期です。
草刈機の使い方は熟知してますが、体の方が最近しんどい!

草刈機は一般的なチップソーです。
この燃料は混合油で自分で調合します。

草刈機のおすすめはできるだけ軽いやつです。重いとこれもまたしんどいです。
雨の日は危ないですから中止です。
足が滑って転んでしまうと事故の元ですからね。

スポンサーリンク

6月からの田んぼのお世話という維持管理する作業のお話です。

今日はお休みなのでやることといったら、今の時期は他の畔の草刈りですな。
これは結構しんどいです。

田んぼの畔の土手の草刈りってしんどいの?

何せ100メートルの畔の土手を生きは下から刈り上げて行って、向こうの幅の部分の30メートルを刈り上げて、土手の上の部分を刈ってもといたスタート地点に戻ってくるのです。

5P1050653
全くへたくそな草刈ですが向こうの端まで100メートルです。
このノリ面を刈って行って帰りは上を刈って帰ってきます。

これに要する時間は約1時間強ですね。
草刈り機械のブッシュに入れた燃料の混合油がちょうどマンタン一回無くなる時間に等しいです。

この作業を1日に何時間できるか?

まあ3時間いいところですね。
必死こいてやるのもいいのですが、体持ちません此の今の時期の天気では。

暑いですねえ。

気温は大したことはないのですが、全身使って刈り払いの機械背負ってですから、暑くないわけないです。
今は一回目で、まだ6月になりませんからいいですが、これ7月の夏真っ盛りでは、これはやってられませんね。

5P1050648

でも現実はそんなことは言ってられないですから、やらないといけませんから、時間を涼しい時間帯でやるようにしています。

朝の早い時間で8時前に終わってその日は終了みたいなイメージです。
これが結構現実的ですね。

あとは夕方の4時頃から開始してそれなりにとかですね。
まあ、農家ですから米の世話はやらないといけません。

写真掲載しておきますがこんな感じです。

5P1050643

5P1050647

これをこれから1シーズンで9月にかけて3回から4回行うわけです。
今年の特徴はお天気が最高にいいです。

おまけに雨も適度に降ってるもんですから、草の伸びるのがいつもより早い感じがします。
今年は4回コース間違いなしの予感がします。

5P1050656
これ刈った部分は私の分ですが向こう側はお隣さんの分でこれから。

草刈ったらそのままではだめ、キチンと集めて焼きます・

そして、今度は草を刈ったら此の草を集めて焼くわけです。

これはわが妻の仕事。

ただもともとこんな仕事はやったことがない人ですから、こういう仕事は全くの下手。
見ていられないので自分でやるときもしょっちゅうあるんだなあ〜

多分彼女の一時間分は俺の10分だな

自分でやったほうが早いんだったら、自分でやったらいいじゃん、って言われてもそれでは一緒に作業したことにはならないわけで、それこそ何から何まで全部俺かよ〜〜

ってなるんだな。

早くても遅くても一緒にやることに意義があるんだと思うわけです。

昔の農作業はどうだったの?しんどかった?

しかし今は3時間程度でやめますが、私が若いころは親父にこれ一日中やらされてました。
親父とおふくろはなんも気にもせず一日これやってました。

ある意味すごいと思います。
ってか真にすごいです。

昭和一ケタ生まれというのは、そういう年代なんだと思います。
今でもおふくろは朝から晩まで畑やってます。
年だから懇詰めてやるのは体に良くないからほどほどに、趣味程度でやるんだよ、って言ってもうんうんわかってるなんて言いながらも現実は本気モードでやるわけです。

結果私らは新鮮な野菜食べさせられますから幸せ感は十分ですが、それで倒れられては元も子もないわけです。
何しろただ一人の親ですからね。
長生きしてもらわないと・・・

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る