スポンサーリンク

我が社は仮眠時間を勤務時間に見ない典型的なブラック企業かも!

我が社は仮眠時間を勤務時間に見ない典型的なブラック企業かもしれません!
最高裁でも確定している労働の働くことの定義は、労働者を雇用主が拘束すること。

仕事の内容の定義はないようです。
拘束することが労働の定義なようですね。無給ではどう考えても労働基準法違反!

スポンサーリンク

しばらく更新休みましたが原因は、会社とのシフトの交渉ごとですごくブルーだったのです。
私の仕事・勤務は社内の設備や施設の管理やメンテナンスの仕事です。

当然サービス業なので、泊まりの勤務があるのですが、その時の時間の換算がおかしいのでもう7年ほど前から、これは労働基準法違反だと言ってきたのですが、会社は無視し続けてきました。

そこで今回ばかりはと我々部署の4人で立ち上がったわけです。

シフト上12時から朝の6時までは仮眠時間なのですが、仮眠とは文字だけで週に数回は問題が発生するので起こされるんですよねえ。

そこは残業申請するわけですが、そもそもこの仮眠自体の6時間は拘束なので、勤務時間なわけです。
最高裁ではもうずいぶん前に仮眠時間は労働時間に含まれるという判断が示されています。

つい最近では大阪府でこの仮眠時間を拘束時間なのに勤務時間とみなしていないということで府の労働基準監督署から差額の支払い命令を受けています。

実際に支払うということで府が判断してヤフーのトップページに乗りました。
これと全く同じなわけです。

今回私たちがとった手段は6時間の仮眠時間の半分の3時間を残業申請するという手段です。
一応残業申請しました。

さてどう出るかで注目したのですが、交渉の席で突っ返されましたね。
最初まさかそういう挙動に出るとは想像していなかったので、何が起こったか一瞬分らなかったのですが、そこでは立場の上の人間がこれは預からせてもらうということで、引き取ったのですが、私bが最初に認識すればちょっと暴発寸前でしたね。

然し労基法を無視し続ける勤務を強いる会社の糸って何でしょうか?
社会的にも認知された全国チェーンのフランチャイズを展開する企業なわけですが・・

スポンサーリンク

まあ会社は別なわけですから・・のれん代を収めているだけですが、それでも労基法を無視しているのは私の部署だけです。

他部署は残業は15分単位で就けてますが、私らの仮眠時間に対しては無視し続けているわけです。

完璧なブラック企業だと思います。

そこで疑問に思うのは

「なんで俺らの部署だけ??」

考えてみたのですが、ここの4人は全員がもうすでに退職間際の老人・(笑い

なのでどうせすぐに辞めるんだからもう少し引き延ばして・・そんな感じが見て取れるような気がします。
私はあと2年・一番上はもう退職して嘱託ですからねえ~~

でもそういうのはちょっと違うような気がするのですが、でも考えはそういう風に見えますねえ。
まだまだ60歳過ぎても(まだすぎてませんが・・)今の方は丈夫で(私はちょっと…ですが)いつまでも若いですからねえ。

日本の国策は一億総活躍社会です。
60歳オーバーの方が今の日本の人手不足社会を補っていくような気がするんです。

わが社のようなこんなワーキングプアーのような低賃金で若い方なんて募集しても応募なんてしませんよねえ~~

まあ結論どうなるか・・それでちょっと憂鬱なんですよ~~~

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る