スポンサーリンク

田舎暮らしに魅力を感じるときとこの田舎に暮らしている理由とメリットについて

田舎暮らしに魅力を感じるときと、私がこの田舎に暮らしている理由とメリットについての紹介です。

最近は多くの方が田舎の暮らしに興味を持たれているようです
実際に住んでる私が、その住んでる理由についてかいつまんで紹介しようと思います。

決していいことばかりではないですが、総じていいことが多いですよ!

スポンサーリンク

私はここに住んでもう60年近くになります。

途中大学で埼玉に行っていた時がありますが、基本ここで過ごしてきました。

代々農業が生業です。

とても好きなところですね。

でもみんな出て行くんだなあ。

こんないいところ何で出て行く?

って思うんだけど、どうにもそれは個人の価値観というか、人生観でしょうから仕方のないことだとは思います。

一人暮らしの方が多くなってきましたねえ。

多くの若い方がこの田舎を出て行く理由についての考察

今世の中では、どうやら田舎に定年後とかに移住してのんびり暮らす、なんてのが話題で理想のように語られている気配もあるようです。

確かにここの暮らしは快適です。

でも私がそう思ってるほど、ここの周辺の方はそうは思ってないような気がします。

何でここから出て都会に行くのか聞いて見ると、まずすぐに出てくるのが

「仕事がない」

これです。

では本当に仕事がないのかというと、これがどこでも人手不足。

知り合いの製造業の社長にこの間法事であったら、働きたい人がいたら紹介してくれと。

何でもどこでも募集してもほとんど来ないということで、困ってました。

それは建設業や事務職でも全般にそうだそうですよ。

でも確かに都市部のようなお給料は当たりませんが、しかし住む家はあるわけです。

食べるものだって半分程度は自給が出来ます。

もしかしたら我が家はもっとかもしれません。

ですから安くても隠れてる収入があるわけですが、まあそれには気がついてると思うのですが、額面だけを見てしまうのかもしれません。

後はお年寄りと同居なのでこれは子供の教育には最高でしょう。

どこでもお舅さんがいないところは無理ですが、上の世代が子守をしてくれるので、安心して働けます。

尤もそれが嫌だっていう人も中にはもちろんいます。

我が家の場合は我妻が孫の子守なんざ嫌だっていうことで、話し合った結果娘が専業ということになった次第です。

我妻は大手を振ってパートの勤務に行ってるわけです。

あと5年は大丈夫なようですが、私は夜勤の24時間勤務があるので早いところやめたいですね。

健康診断で要注意の項目があったので今ちょっと思案中です。(心臓に異常が見つかったので・・)

家族が多いと何かと問題も多いけど、楽しいことも多いわけです。

こういうこともエピソードで書いてみようかと思います。

スポンサーリンク

田舎暮らしの季節感と都市部との環境の違いについて

ところで季節は春。

山々の緑が眩しいですね

田舎のこの山ん中に暮らしていると、ここからがいい季節ですねえ。

この辺の自然もおいおいと紹介してみようかと思います。

どこでもそうだと思いますが、春と秋が一番好きな季節です。

夏はとても暑いですが、でもここはとても涼しいです。

裏の沢と池が効いているようです。

それと家の脇を田んぼにかける水路が走っているのでそれも効いてると思います。

自然のクーラーといったところですかね。

これからここの暮らしと、自分のサラリーマン生活や、健康や農業や趣味やいろんなことについて書いていこうと思います。

もしこの記事を読んだ方が、少しでも田舎の暮らしに興味をもたれたらうれしいです。

ヘッダーの写真は我が家の庭のイワヒバです。
イワヒバって綺麗ですね!

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る