スポンサーリンク

インデペンデンス・デイ:リサージェンスをみた感想と映画の評価は?

インデペンデンス・デイ:リサージェンスを見てきたのですが実際に見た感想と私自身の映画の評価について映画評論してみました。

予告編のあの映像のド迫力に負け、これは絶対に見ねば・・と思ったのですが、で・・実際に見た感想は?

スポンサーリンク


昨日の日曜日7月10日ですが、日曜日ですが夜勤明け。
そのまんま大崎市の映画館直行です。

「シネマ・リオーネ古川」

です。
映画の開始時間は一番が9時40分なのですが、非常に残念なことにこの時間のは吹き替え版なのです。
字幕版は12時20分なのでそれまで待ってられないのでしかたがない・・ということで吹き替え版で。

まずは予告編で予習して・・と。

予告編特別篇はこちら

予告編Dはこちら

予告編Bはこちら

インデペンデンス・デイ:リサージェンス公式サイトの予告編のユーチューブ版です。
公式サイトなので直接張ってもいいかと思ったのですが、やはり著作権があるでしょうから、公式サイトへのリンクを張っておきます。

インデペンデンス・デイ:リサージェンスは実際見てどうだった?

まず次の点について評価したいかな~~~なんて思います。・

1 ストーリー

2 映像の迫力

3 アクション

なんかわけわかりませんが・・適当に

1のストーリーですがこれはなかなかいいと思いましたよ~~
1996年に攻め込まれた時のエイリアンの技術をパクッテ最新兵器を開発して宇宙防衛軍を組織して・・
でもあれから20年という予告編にもありますが、20年でここまで技術を進化することができるのかというと、これはまさに映画の世界かと思いますねえ。

スポンサーリンク

それと気になったのが映画の中でのストーリーでちょっとわからない・・自分の中でつながらない部分があったのが気になったかなあ…なんてね。
私の方が理解不足かと思いますが。

2の映像の迫力はこれは予告編通りですね。
すごいな~~と思いました・・率直に。
しかしこれみんなコンピューターグラフィック(CG)で作るんですよね。
すごいですね。

私はアクションものが大好きでこういうたぐいの映画は大好きなんですが、いつも思うのですが

「この映像どうやって作るんだろう?」

ですよねえ。

3のアクションも似たような部類かと思います。
すごいなあ~~と。

では最後に見た感想と価格(映画の鑑賞代金)との対比で価格分あったか?

う~~ん

まああったと思います。
この映画館は私の場合、日専連カードを提出すれば300円引きになるので映画鑑賞代は1500円です。

まあ1500円分の面白さとしては十分でしたね。

さて今度は今月の末に

「シン・ゴジラ」

があるようです。
これも見に行きますよ~~~

ヘッダー画像は我が家の庭の灯篭の石の下に群生しているイワヒバです。
自分としてはすごくきれいで写真にいつもとってしまうんだなあ~~

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る