スポンサーリンク

霊芝の効果や効能と特徴を見て栽培しようとした舞茸とその後は?

霊芝の効果や効能と特徴などを見たら、がんや高血圧予防などに効果があるということらしいです。

健康のためにいいということでマイタケと一緒に栽培しようとして、3月に釜でふかして菌を植えたのですが、その後はどうなったのか

ということで菌が十分に回っていたので外の畑に箱から出して並べることにしました・・

スポンサーリンク


あれから3か月ほど経ちましたが、確認したところ箱を開けたら、袋に入れた菌を植えた木が真っ白になっていました。
この白くなっているのは十分に菌が回ってそろそろいいよ・・こういうサインなのだそうです。

7IMG_0505

その前に前回の釜でゆでて菌を植え付ける記事は下記リンクから。

霊芝の効能はガンや高血圧に効果があるので栽培することに!

霊芝とマイタケの栽培はこういう風にします。

そこで外にあの梅もぎをした南高梅の木の隣に床を作ったわけです。
その床に木を並べていくのですが・・
写真で紹介するとこんな感じです。

7IMG_0498

7IMG_0506

ずいぶん広く取ったのですが、足りないとまた作らないといけないので多くとったのですが、結果この3分の1程度しか使いませんでした。

まあ木って並べてみないとわからないものですね。

7IMG_0504

7IMG_0507

手順はこの床に段ボールの箱に入れた菌が回った木を出して並べていきます。

隙間が出ないように並べていくのですが、そこはなかなかうまくはいかないんだよねえ。
まあそれはそれでいいとして、全部並べていきます。

スポンサーリンク

そのあとは木が隠れてセンチくらいの厚さに土をかぶせていきます・
まあこれは適当に、気が表に出なければいいっていう感覚だそうです・・おふくろが言うには・・

7IMG_0508

そして最後にその上に雑木の枯葉を敷き詰めます。

ここがポイントなんです。
必ず雑木の枯葉です。

7IMG_0509

杉やヒノキの枝や葉が混じっていたのではキノコはできないのです。
マイタケや万年茸(霊芝)は杉やヒノキが嫌いなんだということですね。

雑木の枯葉は春に庭の片隅に咲いていた桜の葉っぱをお袋が集めていました。
それと足りないといけないので、妻と軽トラックで山の林道に行って道路わきからとってきました。

完成はこんな感じです。

7IMG_0468

7IMG_0467

そこへ日当たりがあんまし良好だとキノコはいけないので、その上に黒の日よけのコモンをかけて固定して終了です。

マイタケはいつ食べることができるんだい?

さてそれでいつキノコは出るんだ?

9月になると突然にょきにょきと出てくるんだなあ・・
霊芝(万年茸)はにょきにょきと・・マイタケは黒く光って大きなま~~るいキノコで一戸当たり1キロなんてのも珍しくない大きさのマイタケが出ます。

以前は(25年ほど前の親父が作ったころは・・)一個当たり2キロ前後は普通でしたねえ・
その時は市場にせっせと運びました。
全部親父は遊びで使って・・で遊んで終了でしたが…(笑

さて9月が待ち遠しいですなあ・・

ヘッダーの画像はいつものことですが我が家の庭に群生しているなんでしょ?
私はさっぱりわかりませんが今度おふくろに聞いてみます。
写真的にはきれいでいい感じですねえ・・(自己満足)

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る