スポンサーリンク

宮城のブランド銘柄米「ひとめぼれ」の栽培日記7月13日編

宮城のブランド銘柄米「ひとめぼれ」の栽培日記ですが、7月13日編です。

栽培品種は宮城県の銘柄米でブランドの「ひとめぼれ」ですが5月に田植えして10月初めに稲刈りまでの約5カ月間の栽培日記です。

生活排水の一切ない川の源泉で栽培しています。

スポンサーリンク

我が家の栽培するコメは宮城県の代表的銘柄米の

「ひとめぼれ」 です。

宮城のコメ・ひとめぼれの特徴は?

このコメの特徴はモチモチしていてなかなか味が日本人好みというかとにかくおいしいと思います。

そのおいしさを実感するのがお米が冷めた時です。
ですからおにぎりにはこれが最適なんですよ~~
お弁当にもいいですね。

冷えた冷めたご飯でも普通においしくいただけます。(勿論あったかいのは一番ですが・・)

その栽培中のコメの状態はこんな状況です。
まあ普通の草状態と言えばそれまでですが…

74P1060901

74P1060902

2週間ほど前に溝切りをして今は田んぼを中干している状態です。
今の時期にがっつりと干しておかないと、秋になって田んぼがぬかるんでコンバインが苦労しますからね。

ここのコメはどこかのページで紹介したように生活排水が一切入っていない川の源泉で栽培しています。
その先は川の源の湧水にしかたどり着かないんです。

宮城県内でもそうないです。
すっかり山手の奥地に行かないといけないでしょうね。

ここはその地の利を生かして全くの源泉の水で栽培しています。
まあそういう水しかありませんからね。

実は一時期そういう水で栽培したことで宣伝してブランド化して売ろう!

そう言った話もなくはなかったのですが、私始めそうなるといろいろ制約が出てきてめんどくさくってやってられん!

そういうことで立ち消えになりましたが、私が送ってる(友人や親せきや娘など・・)はおいしいと言ってますが・・

まあただで貰ってまずいというやつはいないと思いますが、いたらもう送らんな・・(プン・・)

コメに栽培は手がかかるが楽しい!

もう少ししたら今度は2回目の草刈りが始まります。
気の早いひとはもう刈ってますが、私は少しでも伸ばしたいので来週から始めます。

しかし7月の25日前後には終わらないといけないので、2回目の草刈りは短期決戦ですね。

カメムシ対策でその時期に終わらないといけないんですよ~~

カメムシは草むらを好むので、カメムシが元気になる8月の中旬には、草がないといけないんですなあ・・

そうはいっても草だらけでは・・そこでタイムリミットがその7月25日前後何ですなあ・・

ここは穂が出るのが少し山の中であるだけに少し遅いので、もう少し後に押してもいいかと思いますが、一応目安はそこです。

来週になったら中干も終了で、今度は水をかけていかないといけません。
そこからが穂が出るまでに水管理は非常に重要です。

まあ・・米作りは楽しいですよ~~

*ヘッダー画像は我が家の庭の杉苔です。
ちょっとわかりづらいですが…

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る